鍵のトラブル|紛失、盗難などの被害にあった時は素早い対応を

警備員

ドアノブの交換

ドア

部屋のドアノブやお風呂場のドアノブと、家の様々なところにドアノブはありますが、ドアノブは、思ったよりも壊れやすいことが多いです。そして、壊れたままにしておくと、セキュリティ面だけではなく自宅の快適性も大きく損なわれます。例えば、ドアノブは部品が1つか2つ破損した場合、構造上動かなくなる可能性もあります。そうなった場合、例えばトイレに居る場合はトイレに閉じ込められてしまう可能性もあり、大変危険です。そうなったら出られなくなる可能性もありますし、一人暮らしで携帯電話を持っていない場合は最悪ドアを壊して開けなければならないかもしれません。
ドアノブが壊れるケースは、主に経年劣化や無理な負荷のかけ過ぎが原因となります。長年使っていると部品が摩耗をおこしたり、風呂場の場合は湿気で錆びることも考えられます。特に風呂場は内部のほうが錆びやすいので閉じ込められるケースは少なくありません。後者は、子供のいる家庭に多いです。子供がぶら下がって遊んだ結果負荷によって破損することは珍しくありません。
こうならないように、少しドアノブの様子がおかしくなってきたとお考えならば、業者に見てもらい、修理もしくは交換をしてもらいましょう。こういったトラブルは、起きてからでは遅くなることのほうが多く、できるだけ早い対処をしたほうがリスクも少なく、結果的にかかる金額も少なくなることのほうが多いです。そのため、修理せずに騙し騙し使うよりもよっぽど経済的です。