鍵のトラブル|紛失、盗難などの被害にあった時は素早い対応を

警備員

鍵の種類

作業員

いつも使っている鍵が壊れた時、鍵交換をしなければ家が無防備になってしまいます。そのため、防犯のためには急いで鍵交換を行わなければなりません。ここで、少し金銭に余裕がお有りなら、鍵交換の際にもっと良い物に交換するというのはいかがでしょうか。現在、鍵の種類というのは大量に増え、セキュリティ面に強いものは他にもたくさんあります。
まずは、もっとも普及率が多い鍵から見てみましょう。現在一般的に使われているのはディスクシリンダーと呼ばれるタイプであり、ギザギザが内部のピンを押し上げ鍵を解錠する仕組みになっています。それがさらに進歩したのがディンプルシリンダーであり、鍵の面がデコボコになっています。シリンダータイプより古いのが南京錠やレバータンブラー錠です。
近年の鍵は、セキュリティ面において非常に頼れる仕組みのものが多いです。例えば、指紋認証システムです。これは鍵ではなく、指紋で鍵を開けるタイプのものであり、鍵を落とす心配がない鍵となっている上に、自分の指が鍵になっているので複製を作られることもほぼありません。また、使っている家はほぼありませんが、声紋認証システムも現在使用されている所もあります。これら鍵は、鍵交換の時に業者によっては受け付けているところもあるので興味があったら聞いてみましょう。しかし、こういったハイテクなものは鍵交換の時のコストも高いため、自分の家にほんとうに必要かどうか鍵交換の時に考え、最良の結果を探しましょう。